合計11,000円(税込)以上のご購入で1個口 送料無料
  • ログイン
  • 新規会員登録
  • 飲食店のお客様

FELICITY フェリシティー

  • 購入ガイド
  • 領収書
  • Q&A
  • 配送/送料
  • メルマガ
  • 購入履歴
  • 問い合せ
飲料店のお客さま
0

0円(税抜)

ワインを詳しく検索する

価格

~

ワインの種類

ワイン
スパークリングワイン

おしらせ

いつもフェリシティーをご利用頂き、ありがとうございます。12/3より「ポイント」の名称を「マイル」へと変更いたします。加算や使用方法、換算については、今までと変更ございません。より便利に、もっとお得にお買い物していただくため、リニューアルいたします。引き続き、お買い物をお楽しみください。

ワインセット 7のつく日はポイント7倍

  • ワインセット 7のつく日はポイント7倍

ワイルドターキー

1855年創業の食料品商オースティン・ニコルズが、北カロライナ州の七面鳥狩りに集まる人の為、特別ブレンドのバーボンを作り名付けたことから生まれたワイルドターキー。
このバーボンが、全米的な人気酒になったのは第2次大戦後。アイゼンハワー大統領が愛飲していることが報じられたためです。

1971年まで、ニコルズ社は蒸留所を持たず、購入原酒をブレンドする業者でした。
同年、ケンタッキー州ローレンスバーグの古い蒸留所を買収。以後、自社で蒸留から熟成まで一貫して行っています。

ワイルドターキーでは、蒸留、樽詰め時のアルコール度数を低く抑えていることから、加水量が少なく、熟成時に形成される繊細で豊かな風味を鮮烈に残すことができるのです。
ワイルドターキー蒸留所ではその独自のポリシーにより、1樽から製造できる製品の数は約15ケース程度。他の一般的な蒸留所では約20ケース程度が製造されています。
蒸留、樽詰め時のアルコール度数を低く抑えることは、製造に掛かるコストは割高になりますが、味と風味を保つためには決して妥協できないワイルドターキー蒸留所の「こだわり」なのです。

商品一覧

並び替え
1~12(全 12件)

WINE SEARCH

ワイン(赤白)

営業日について