合計11,000円(税込)以上のご購入で1個口 送料無料

FELICITY フェリシティー

  • 購入ガイド
  • 領収書
  • Q&A
  • 配送/送料
  • メルマガ
  • 購入履歴
  • 問い合せ
  • ログイン
  • 新規会員登録
  • 飲食店のお客様
ワインを詳しく
検索する

価格

~

ワインの種類

ワイン
スパークリングワイン

飲料店のお客さま
0

0円(税抜)

(税込 0円)

夏季のクール便ついて 配送ついて

ドメーヌ トルトショ ドメーヌ トルトショ 人物

仏ブルゴーニュ地方の北部に位置するジュヴレ・シャンベルタン村は、ブルゴーニュ地方でもとりわけ有名なワイン産地の一つ。この村のワインは、ナポレオンに愛されたという逸話も残されています。

トルトショは、そんなジュヴレ・シャンベルタン村にあり、いくつかの特級畑も所有する有数の名家。ワイナリーとしての歴史は、1865年、初代当主であるポール・トルトショが、小さなブドウ畑を切り開いたことにより始まります。
その後、息子のフェリックスが、ピノ・ノワール種から生まれたピノ・リエボーにその名を残す名家、リエボー家の娘と結婚。ドメーヌを引き継ぎ、トルトショの技術を向上させ、徐々に名声を高めていきます。

ドメーヌ トルトショ 木樽
さらにその技術を受け継いだフェリックスの息子であるガブリエルは、ブルゴーニュワインの擁護に全力を尽くし、「ジュヴレ・シャンベルタンワイナリー労働組合」の会長を務めると同時に、「INAO国際委員会」にも精力的に参加。ジュヴレのテロワールにかける情熱を、ふたりの娘、ブリジットとシャンタルに継承しました。

現在、ドメーヌはブリジットとシャンタルが運営。伝統的な醸造方法を踏襲しつつ、有機農法なども取り入れ、自然に優しいブドウ栽培、テロワールが実感できる味わいのワイン造りに取り組んでいます。

WINE SEARCH

ワイン(赤白)

ノンアルコール

紹興酒

地ビール・
クラフトビール

輸入ビール

微アルコール飲料

ビール健康系

ノンアルコール
ビール健康系

ノンアルコールワイン