合計11,000円(税込)以上のご購入で1個口 送料無料
  • ログイン
  • 新規会員登録
  • 飲食店のお客様

FELICITY フェリシティー

  • 購入ガイド
  • 領収書
  • Q&A
  • 配送/送料
  • メルマガ
  • 購入履歴
  • 問い合せ
飲料店のお客さま
0

0円(税抜)

ワインを詳しく検索する

価格

~

ワインの種類

ワイン
スパークリングワイン

おしらせ

・新型コロナウイルス感染症の影響により、一部の地域あてに大幅な遅延が生じる場合がございます。
 お客さまには、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ゴンザレス ビアス

現在世界で最も有名なシェリー・メーカーであるゴンザレス・ビアス社は、1835年当時若干23歳だったマヌエル・マリア・ゴンザレス・アンヘル氏によって創業されました。

シェリーの利き酒の名手であり、「ティオ・ペペ」の名前の由来ともなった彼の叔父・ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャ氏の助力のもと、自分のシェリーを造って輸出するためのボデガ(酒倉)を購入したのが、その始まりでした。
初年度の輸出量は樽にして10樽程度のものでした。
しかし、わずか3年後には819樽にまでその業績を伸ばします。

その後イギリスのワイン販売代理業者ロバート・ブレイク・ビアス氏を共同経営者に迎えて事業は飛躍的に拡大。
社名も現在のゴンザレス・ビアスと改め、1862年には、女王イザベル2世がヘレスの町を訪問した際、王室御用達のメーカーとして「王家承認」を受けました。
1982年、ゴンザレス・ビアス社はスペイン随一のスティルワインの銘醸地リオハへ進出。
シェリーばかりでなく、スティルワインの生産も本格的に手掛けるようになりました。
1997年からは、フランス・ボルドー、メドック地区の第1級に格付けされるシャトー・マルゴーの醸造責任者(現ジェネラルマネージャー)、ポール・ポンタリエ氏が醸造アドバイザーとしてワイン造りに参加。数あるリオハのワインの中でも特に注目を浴びる存在となっています。

商品一覧

並び替え
1~4(全 4件)

WINE SEARCH

ワイン(赤白)

和リキュール

営業日について