合計11,000円(税込)以上のご購入で1個口 送料無料

FELICITY フェリシティー

  • 購入ガイド
  • 領収書
  • Q&A
  • 配送/送料
  • メルマガ
  • 購入履歴
  • 問い合せ
  • ログイン
  • 新規会員登録
  • 飲食店のお客様
ワインを詳しく
検索する

価格

~

ワインの種類

ワイン
スパークリングワイン

飲料店のお客さま
0

0円(税抜)

(税込 0円)

ラガヴーリン ラガヴーリン 人物

潮の香りに満ちた蒸留所
ラガヴーリン蒸留所は、ウイスキーの生産で非常に有名な島、アイラ島の南岸に位置しています。
「Lagavulin」はゲール語のLagganMhouillin谷間の水車小屋が名前の由来。村には、今も2つの水車小屋の碾き臼の石が、現存しています。
蒸留所の創業は1816年にジョン・ジョンソンによるもの。
1867年から蒸留所を所有していたローガン・マッキーは堺でホワイトホースの創始者のピーター・マッキーが蒸留所を継承。 ラガヴーリンはホワイトホースの主要モルトとしても重要な役割を担っている。
アイラ特有の特徴ある風味
蒸留器はタマネギ型のストレートヘッド。
水は背後の丘のソラン湖の良質な湧き水で、水自体に豊富なピートを感じます。
アイラ島の泥炭は海草を豊富に含んでいるため、麦芽には潮の香りや海草の風味(ヨード臭)が移ります。 それらが、他にないラガヴーリンの強烈な個性の元になっています。
舌触りをまろやかにし、味わいにリッチさを加えてラガヴーリンへと熟成させるには、16年の歳月が必要です。 蒸留所には、伝統的な土床の3つの貯蔵庫があり、蒸留酒はオーク材の樽で熟成されます。

商品一覧

並び替え
1~6(全 6件)

WINE SEARCH

ワイン(赤白)

紹興酒

地ビール・
クラフトビール

輸入ビール

微アルコール飲料

ビール健康系

ノンアルコール
ビール健康系

ノンアルコールワイン

営業日について