1889年頃、イギリス人ジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が兵庫県の有馬の山に狩猟に出掛けた折、偶然発見した炭酸鉱泉水をロンドンの試験場に送って分析したところ、世界的にも優良な鉱泉であることが分かり、食卓用として瓶詰を企画。
温泉会社からラムネ部門を譲り受け、1890年より「仁王印ウォーター」として販売を開始しました。
1904年には「ウヰルキンソン タンサン」と名付けられました。

1951年、朝日麦酒株式会社(現アサヒビール株式会社)と販売契約を締結。
1966年には、新しくエメラルドグリーンのボトルで、ジンジャーエール、ドライジンジャーエール、レモネード、トニックの4品種を発売しています。

1990年には、ウィルキンソン社創業100年をもって昔からあった宝塚工場は閉鎖されるも、翌年からはアサヒ飲料株式会社が明石工場で生産を開始。
2014年にはブランド誕生110周年を迎えています。
ドライジンジャーエールの「ドライ」は「辛口」ではなく、「さわやか、さっぱり」という意味があります。
ドライジンジャーエールが発売された頃、アメリカではフルーティタイプの飲料が流行り、これを「ドライ」と呼んでいました。3代目社長H.C.W.Priceがアメリカ留学の折に出会ったドライタイプのドリンクをイメージして「ドライジンジャーエール」のレシピを完成させました。
  アサヒ飲料
  果糖ぶどう糖液糖、酸味料、香料、カラメル色素
  190ml
  昭和に入り発売された「ドライジンジャーエール」はアメリカで1920年代に大流行したジンジャーエールのレシピの則ったソフトな味わいの製品です。
※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。
  • ウィルキンソン ドライジンジャーエール 甘口 190ml 24本まで1梱包可能

ウィルキンソン ドライジンジャーエール 甘口 190ml
24本まで1梱包可能

商品番号 11-wilkinson-d-ging

販売価格 75円(税抜)

  81円(税込)

    カートへ入れる