イタリアのトレンティーノから12歳の時にチリに移住し、ブランデー会社を経営するアルド・オリビエ・グラモラと、エノロジストのジョルジオ・フレッサティとの出会いから、1998年に設立されたのがビーニャ・ファレルニアです。

フレッサティは、1995年に観光でエルキ・バレーを訪れ「どうしてこの素晴らしい渓谷でワインを造らないのか!」と思い、翌日にはワイン造りを決意していたそうです。
それから徹底的な調査が2年間続き、1997年にベストだと判断した場所に葡萄を植えました。
畑はエルキ バレーの中の4箇所にあり、それぞれが特有の気象条件をもっています。
その中でもファンタは、標高1700〜2070m、広さ30ha。
おそらく世界で最も高い場所にある葡萄畑のひとつで、日中は焼けるほど暑く、日が落ちると急に寒くなるという、寒暖差の激しい場所で、ここではペドロ・ヒメネス、ムスカテル、ソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。
それまで生食用やブランデー(ピスコ)用の葡萄しか造られていなかったこの地でワイン造りを始めることは革新的な出来事となりました。

ワインのラベルは、この地(エルキ)の古代のインカ帝国がこの地に来る前に生息した先住民族、ディアギータ族が陶器などに使用していたシンボルマークを入れています。
地元の美術館で見つけ採用しました。エリアの歴史や文化を継承する意味でも大事なことと考えています。
標高600m、「リオ」と呼ばれるビクニャ地区の畑の葡萄で造られています。

ほのかな甘さと長い余韻があり、肉料理や熟成したチーズによく合います。
造り手のフレッサティは、パパイヤのシロップ漬けをこのワインに入れて食べるのが好きだそうです。
  ビーニャ・ファレルニア
チリ/エルキヴァレー
カルムネール100%
750ml
辛口 中口 甘口
ライト ミディアム フル
 
輝きがある深い色合い。
粘性が高く、非常に濃厚で、煮詰めたプラムやバニラ、洋タバコの葉、スモーキーで香ばしい香りがあります。
信じられないほどやわらかで、噛めそうなほどふくよかなボディがあり、甘い果実味と酸が厚みのある層を成す、スケールの大きなワインです。

※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。
  • ビーニャ(ヴィーニャ) ファレルニア カルムネール グラン レセルバ 2016 750ml 赤ワイン チリ

ビーニャ(ヴィーニャ)
ファレルニア カルムネール グラン レセルバ 2016 750ml
赤ワイン チリ

商品番号 1-vf-crm-rsv-os

販売価格 1,440円(税抜)

  1,584円(税込)

    カートへ入れる