合計11,000円(税込)以上のご購入で1個口 送料無料
  • ログイン
  • 新規会員登録
  • 飲食店のお客様

FELICITY フェリシティー

  • 購入ガイド
  • 領収書
  • Q&A
  • 配送/送料
  • メルマガ
  • 購入履歴
  • 問い合せ
飲料店のお客さま
0

0円(税抜)

(税込 0円)

ワインを詳しく検索する

価格

~

ワインの種類

ワイン
スパークリングワイン

ショウ アンド スミス

1989年、マイケル・ヒル・スミスMWと従弟で醸造家でもあるマーティン・ショウ氏が長年の夢であった自身のワイナリーを冷涼産地アデレード・ヒルズに設立。
標高が高く、冷涼で降雨のあるアデレード・ヒルズは必ずエキサイティングなプレミアムワインを生みだす産地だと確信し、開拓を始めました。
適切なクローンの研究も進め、ブドウ栽培に多くの時間と労力を注ぎ高品質なブドウを生み出すべく一切の妥協を捨てブドウ栽培に取り組んでいます。

オーストラリア人初のマスター・オブ・ワイン
マイケル・ヒル・スミスMWは1988年、難関であるマスター・オブ・ワインの資格をオーストラリア人で初めて取得しました。
国際的なワインコンサルタントも兼ねる彼は、自国内だけでなく海外に向けてもオーストラリア産ファインワインを広く提唱しています。
国内外で活躍するワインエキスパート
マーティン・ショウ氏はアデレード大学とボルドー大学で醸造学を学んだ経歴を持ちます。
オーストラリア国内のみならず世界の多くの国々で醸造家として、またコンサルタントとしても活躍しています。
冷涼なアデレード・ヒルズの気候
ロフティ山系(Mt Lofty Ranges)に位置し、標高は350mから710mと多様です。
北はバロッサ、南はイーデン・ヴァレーとマクラーレン・ヴェイルに接しますが、標高が高いため、アデレード・ヒルズは隣接する他の産地より冷涼で雨が多い点が特徴です。
テロワールとブドウの個性を表現
ショウ・アンド・スミスのワインはどのワインも正確さがあり、明るくいきいきとした活力を持ち、品種と畑の特性を見事に反映した味わいが特徴です。
これらのワインは国際的にも高く評価され、豪州屈指のプレミアムワインとして多くの賞を毎年受賞しています。

ITEM INFORMATION

『dancyu』ソーヴィニヨン・ブラン大賞!
南オーストラリアの冷涼な気候から生まれる
繊細な若草のような爽やかな白ワイン
SHAW + SMITH Sauvignon Blanc
ショウ アンド スミス ソーヴィニヨン ブラン

『dancyu』ソーヴィニヨン・ブラン大賞!
南オーストラリアの冷涼な気候から生まれる
繊細な若草のような爽やかな白ワイン
SHAW + SMITH Sauvignon Blanc
ショウ アンド スミス ソーヴィニヨン ブラン

南オーストラリア州のアデレードヒルズ地区にある、ウッドサイドとバルハナの両小地区の畑のブドウを主に使用。
この地区の冷涼な気候と、シストと粘土土壌を覆う赤と茶色のローム質の土壌から、オーストラリアのベンチマークとなる品質のソーヴィニヨン・ブランが造られています。
醸造所に運ばれた果実は、除梗破砕後プレスされ、新鮮さを保つ為に冷却。
又、果実のフレッシュさと酸味を失わない為に、乳酸発酵は行っていません。

緑がかった薄いレモン様の色調。
グラスに注ぐとパッションフルーツや洋ナシ、鮮烈なライムの皮を絞った様な香りが立ち上ります。
冷涼気候を表現した繊細な青草の様な生き生きとしたアロマがとても印象的。
辛口で爽やかな口当たりの良い酸味と、豊かな果実の風味が凝縮感を生んでいます。

■『dancyu』ワイン大賞 2,000円台のソーヴィニヨン・ブラン

商品仕様・スペック

生産者 ショウ・アンド・スミス
生産地 オーストラリア/南オーストラリア
生産年 2020年
品 種 ソーヴィニヨン・ブラン100%
テイスト 辛口
タイプ 白 / ミディアムボディ
内容量 750ml
土 壌 シストと粘土土壌、ローム質土壌
醸 造 ステンレスタンク醗酵
提供温度 6~12℃
合うお料理 鮎の塩焼き
度数 12.50度
※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ショウ アンド スミス
ソーヴィニヨン ブラン 2020 750ml
白ワイン オーストラリア

商品番号 1-shasmi-sb-zz-os

ショウ アンド スミス
ソーヴィニヨン ブラン 2020 750ml
白ワイン オーストラリア

商品番号 1-shasmi-sb-zz-os

価格

2,160円 (税抜)

(税込 2,376

21マイル

WINE SEARCH

ワイン(赤白)

ノンアルコール

営業日について